認知症予防に効果的

食事だけではなくサプリも

サプリメント

高齢者が多くなると共に認知症に対して予防を考える人が増えています。テレビなどでも認知症を取り上げることが多くなり、魚に多く含まれるDHA・EPAに注目が集まっています。しかし、それよりもより効果が高いとされているのが低分子レシチンです。レシチンは認知症予防にとても効果がある成分でで、大豆に多く含まれています。他にも卵黄やごま油など身近な食べ物にも比較的多く含まれている成分です。しかし、1日の必要摂取量は1000mg〜5000mgとされていて食事だけで補うのは簡単ではありません。また、分子を小さくして脳に届きやすくした低分子レシチンを摂取するにはサプリが手軽な方法です。食事でもレシチンを摂取し、サプリでも摂取することで認知症の高い予防効果が期待できます。

頭と体を健康に

認知症に効果があるとされる成分はいくつもあります。頭が良くなる栄養として有名なDHAとEPAは聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、これらの成分は分子量が大きくて脳幹まで届きにくいという欠点があります。そこで注目されるようになったのが低分子レシチンです。レシチンは体の細胞全てに含まれている成分であり、レシチンが不足すると脳内の情報伝達に問題が生じて記憶力が低下したり認知症の原因になるとされています。そのレシチンを脳幹まで届きやすいようにと分子量を小さくしたものが低分子レシチンです。また、レシチンにはコレステロール値を下げる効果もありますので、動脈硬化予防などの効果も期待することが出来ます。